医学リンク集

臨床概念としての前頭側頭型痴呆

19世紀末から20世紀初頭にかけてArnold Pickは脳の前方部の萎縮により特異な精

神神経症状を呈した一連の症例報告を行い, 1926年大成とSpatzによりPick病という名前が提唱された. しかし, 同じ大脳皮質の変性疾患であるAlzheimer病が病理学的,スタジオ 歌 宅建取引主任資格 Z会小学校受験 福祉住環境コーディネーター転職 東京理科大学 臨床的に診断基準が確立されていく一方で, Pick病は臨床ならびに病理学的な見解の

不一致から, 統一された診断基準の確立には至らなかった. 近年のAlzheimer病の診断基準の確立に伴い, それに該当しない特異な変性性痴呆疾患の取り扱いが問題となニチイ無料体験 ヴィースクール 資格取得 バンタンパタンナー 高校受験Z会 り, このような状況のなかで, 1988年ManchesterのNearyらは「前頭葉型痴呆」Demen

tia of Frontal Lobe Type (DFT)という概念を提唱した. その後彼らは, ほぼ同時期

に非Alzheimer 型前頭葉変性症Frontal Lobe Degeneration of non-Alzheimer type高橋直純 東邦大学 アコムモビット|キャッシング Webデザイン講座 Z会 (FLD)という概念を提唱したLundのGustafson らとともに1994年, 萎縮部位により忠

実に「前頭側頭型痴呆」Fronto-Temporal Dementia (FTD)という概念を新たに提唱しZ会高校受験 声優養成所体験レッスン 引越見積比較 習い事 サプリメントアドバイザー求人 た. さらにNearyらはFronto-Temporal Lobar Degenerationを臨床的にFTD, Progress

ive Aphasia, Semantic Dementiaに分類している. 一方ではMesulamらのSlowly Prog

ressive Aphasia without DementiaないしPrimary Progressive Aphasiaという用語ダイエット 行政書士資格 Z会合格率 オーネット評判 FXで資金運用紹介所 があり, またCambridgeのHodgesらはNearyらとは多少とも異なる概念でSemantic Dementiaという用語を用いている. このような経緯もあってか, FTDをめぐってはかなり

混乱があり, 用語そのものが原義から離れて用いられている場合さえある.

 演者は幸い, 1998年Lundで開催された"Frontal Dementias"の会に招かれ、例えばF

TDのtemporal variantといった欧米での混乱も目の当たりすることができたので, ここではSemantic DementiaやProgressive Aphasia等との関連を通し, FTDの臨床概念を整理し, その意義について考えてみたい.